台風で屋根修理をするなら火災保険が使える

台風で屋根瓦の半分以上が落ちてしまい、屋根のリフォームをした事があります。

修理を最初に依頼したのは、以前から出入りのあった瓦屋さんでしたが、その瓦屋さんは台風特需によって人柄が変わってしまい、非常に傲慢で高額の修理費用を請求されたので断りました。

その時に工事を請け負ってくれたのが、地震の時に世話になった鈑金屋さんでした。その鈑金屋さんは大阪で修行したそうで、工事の際にいろいろ聞かされました。

大阪の市街地は低地にあるため、自然災害による被害に対して火災保険や地震保険による補償を受けられる事が多いそうです。使い勝手がいいのが火災保険で、火災だけでなく、落雷や風災、物体の落下などのリスクにも対応してくれます。火災保険でカバーできないのが地震や噴火、津波による被害で、これらに対して補償してくれるのが地震保険です。

火災保険を用いた屋根修理に対しては、申請が必要です。申請は自動車事故の保険申請よりもはるかに簡単です。被害者も加害者もいないからです。被災した屋根を保険者自身で申請すれば大丈夫です。ただし、経年劣化は含まれないので注意が必要です。

保険者が用意するのは、「保険金請求書」と「事故状況説明書」だけです。被災写真と修理見積書は、屋根修理業者が用意してくれます。保険者自身が屋根に上がって写真を撮る必要はありません。台風被害を受けた屋根は、思わぬところが脆くなっていて危険なので、業者が写真を撮ってくれるのは助かります。