叔父の遺品処分で業者を利用したけど、遺品を買取してくれて助かった

以前叔父が亡くなった際、遺品整理をしました。遺品処分は料金の安い業者を利用したのですが、これがなかなか良かったのでその時の体験をご紹介しますね。

叔父は独身で子供もいませんでした。
私の父母はすでに亡く、生きていて一番身近な親族となると私。結果私が葬儀や遺品整理もする事になりました。

業者はネットで検索しました。使用したのはパソコンです。スマホだと一画面辺りの情報量が少なく、同時に他プラウザも併用しつつというちゃんとした作業には向いていないので。

叔父宅でも請け負ってくれる業者を見つけ、料金の見積もりをお願いしました。見積もりを依頼したのは二社です。二社とも料金は同じぐらいだったのですが、一社は遺品買取をしてくれるという事だったのでそちらを選びました。

これがなかなかのメリットだったと思います。

遺品処分はスムーズに行われました。私は日曜しか対応出来なかったのですけど、日曜に合わせてもらえましたし。スタッフは2名で来て、遺品となった家具やゲーム等全部処分してくれました。

中でも良かったのが、ゲームの処分ですね。叔父の持っていたゲームは古いものばかりで、私は価値のないものだと思っていました。でもこういうのってレトロゲームといって、ゲームタイトル次第ではそれなりの価値があるそうなんです。買い取ってもらったところ、本体やゲームソフト全部合わせて10万円を軽くこえていました。

もし私だったらそのまま捨てていたので、これだけでも業者を利用した甲斐があったなって思います。

遺品処分は半日で終わりましたし、さすが業者、プロだな~と感心しました。