前職場でコロナウイルス対策でオゾン発生器を使用していました。

以前働いていた職場でオゾン発生器を使っていました。その当時働いていた幼稚園は健康、安全、保健にとても力を入れていました。感染対策などには特に力を入れていました。その幼稚園が購入していたので費用などはよくわかりませんが、新型コロナウイルスやインフルエンザなどが流行っていた時や、嘔吐などウイルス性の病気が流行った時などは必ずオゾン発生器を使用していました。一クラスだけではなく、時間をずらして、一日の間に何室もオゾンを発生させていました。調子が悪く早退した子どもがいたときはその子どもがいたクラスの子どもが外遊びに行っているときに使っていました。また、放課後にクラスごとに発生させたり、ホールで集まった時にはホール全体に使っていました。大きさによって、オゾンを発生させる時間を調節することができたので、とても便利でした。

燻蒸中や燻蒸後は、独特のにおいがありますが、効いている感じはありました。
燻蒸中は、人間や食べ物、生き物はその場所にはいないようにしていました。
その時はタンスの引き出しも開けて、衣類にも燻蒸するようにしていました。保育室だけでなく、トイレ、配膳室も定期的に燻蒸していました。その時は、扉をきっちりと閉めて、細部にまでいきわたるようにしていました。燻蒸後は、しばらくにおいが残るので、窓を開けて換気をしてにおいを飛ばしました。

ボタン一つでオゾンを発送させたり、空気を清浄したりできます。安全に燻蒸できるので、コロナウイルス対策やインフルエンザ対策にはオゾン発生器はとてもおすすめです。