過払い金請求を家族に知られずにするには弁護士に相談しよう

過払い金請求は、自分でも行うことも可能です。自分で行えば、報酬金を節約できるというメリットがあります。しかし、自分で過払い金請求を行えば、平日に裁判所へ出廷する手間と時間がかかり、家族に知られずに済ませるわけにはいきません。また、専門家でないため、貸金業者との交渉が難しく、希望する金額を返還させにくいのが、最大のデメリットです。

過払い金請求を専門家に依頼する場合、相談相手として弁護士と司法書士があります。気になる報酬金は、あまり違いません。弁護士だから高くて、司法書士だから安いというわけではありません。

弁護士と司法書士の違いは、過払い金の額です。司法書士は、過払い金の額が1社あたり140万円未満の時に相談が可能です。しかし、1社あたり140万円を超えると、司法書士は和解交渉や訴訟代理ができません。1社あたり140万円を超える過払い金がある場合は、弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談すると、弁護士から貸金業者宛に「誰それの過払い金返還請求手続きを受任しました」という文書を送ります。受任通知の目的は、返済中であれば、債務者への取り立てや督促を停止させることができる点に特徴があります。この効力は、債務者本人が行っても生じないので、専門家に依頼するメリットです。

全てのケースで訴訟に発展するわけではありません。和解交渉が成立すれば、返還という流れになります。訴訟となると、弁護士費用がかさんだり、過払い金の返還が先延ばしになります。過払い金返還請求手続きどの弁護士に依頼するかは、無料相談を利用するという方法があります。