焼き肉の部位別、美味しい焼き方のまとめ

焼肉と一言で言っても部位によって、味も食感も違います。焼肉としては、大まかに分けると赤身とホルモンなどの内臓に分けられます。皆さんが普段食べている方が多いのは赤身の部位だと思います。赤身にはカルビ、ロース、バラ肉などありますが、カルビは、脂身が多く焼く時に火加減を弱くしておかないと、焼き過ぎるということになってしまいます。この肉の美味しさは、脂身のうまみとなってます。

ロースは、比較的肉に脂身が少ないので、肉の美味しさを十分に感じられる肉となってます。あまり脂身を摂りたくない女性の方におすすめです。ロース自体に風味も感じられ、きめが細かくて肉のうまみがあることから、なるべく薄切りにしてすき焼き風にして焼くことをおすすめします。
一枚一枚網に乗せて焼くことがコツとなります。ぐちゃぐちゃに網に乗せてしまうと、焼きむらが出来てしまうことになります。

バラは、脂の載った部位となっておりますので、焼き方としては、カルビと同じ焼き方でいいかと思います。一枚一枚網に載せるのではなく豪快に網にある程度載せて、箸やコングで広げて焼くと、あっという間に焼けますので、焼きすぎに注意しなければならないです。価格としても安く購入が出来る肉なので、一般の家庭で多く使われてる肉となってるはずです。

次にホルモンの焼き方ですが、やはり手軽に焼くならフライパンがおすすめ。脂を少し引いて、よく熱したフライパンで焼きます。途中出てくる脂を、キッチンペーパーなどでこまめに拭き取ります。

焼き方のポイントとしては、肉の部位によってどのくらいサシが入ってるかが重要なポイントとなってます。肉厚なお肉は普段なかなか食べる機会もないので、自宅焼き肉の際には是非味わいたいものです。豚肉と違って中まで火が通ってなくても、食べることが出来るのが牛肉の魅力となってます。

スーパーなどでは、高価なブロック肉。しかし、通販なら業務用の和牛を個人向けに販売している所もたくさんあります。外でバーベキューをするのには良い季節になってきました。是非、試してみてはいかがでしょうか。