意外と知らない牛肉の種類『和牛』『国産牛』の違いとまとめ

牛肉の種類の中で、和牛と国産牛があるのですが、その違いが分かっていない方も多いかと思います。和牛と国産牛とはどこが違うのかを説明いたします。

和牛は、古い明治時代より前から、日本独自の基準をもって交配された牛が、国内で飼育されたものだけを和牛と名乗ることが出来ます。ですので、和牛と名乗れるものは、ブランド牛となってることが多いので、市場に出回っている肉としても高級な肉として売られていることが多く、一般の方の手には届かないことが多いです。値段が高いブランド牛は、表面に霜降りがあり、見た目的にも美味しさを感じられるようになってます。脂身も手で触れるただけで、溶けてしまうので高級感は絶大です。一般にはあまり出回らない業務用の高級和牛も通販などで個人向けに販売されていることもあります。

国産牛とは、日本産の牛のことなのですが、牝牛から生まれてから日本で肥育された牛ではないということです。わかりやすく言うと、日本で3ヶ月以上肥育された牛、各国を渡った牛であっても、牛が育った国は問わず、日本で決められた肥育期間、肥育された土地が基準沿っていれば、国産牛と名乗ることが出来るようになってます。

和牛や国産牛の違いとしては、どこの産地で育った牛なのかという所が重要なポイントとなってます。和牛の中でも高級なブランド牛は、普通の店頭に並ぶことはなく、高級な料亭などでしか卸していないことが多いです。一般的に食べている肉としては、国産牛が多いかと思います。例としてあげると、アメリカ産の牛肉であっても、日本で3か月飼育されれば、国産牛になるということです。ですので、輸入牛肉でも飼育の仕方によっては、国産牛のシールを貼って販売することも可能となってます。和牛であれば外国から来た牛でもなく、外国に行ったことがある牛でもない国内で育った牛となってることから、安全性としては和牛となることが多いです。